タトゥー除去でリスクダウン~綺麗な肌に生まれ変わる~

ボディー

肌の彫り物を消す治療法

入墨

美容整形のレーザー治療

海外ではファッションとしてタトゥーを入れる人が多いですが、日本には独特のとらえ方があってタトゥーがあると入れない施設などがあります。若い頃に入れてしまって後悔する人も多く、そのような場合はタトゥー除去の手術をすることになります。タトゥー除去の難しさは、肌に傷をつけないで取り除かねばならないからです。タトゥー除去の方法で最も手軽で傷が残りにくいのがレーザーによる治療です。しかしレーザー治療でも完璧ではなく、取り切れないケースもあります。その他のタトゥー除去方法としては、皮膚を切り取って周囲の皮膚を縫って縮めるやり方があります。また皮膚を切り取って、他の部位の皮膚を移植する方法もあります。上手に除去するには担当医師の技量が大事ですので、今後は名医と呼ばれる医師の存在が大きくなります。

タトゥー用のテープで隠す

せっかく入れたタトゥーを除去しないで、公の場で目立たないようにするのも1つの選択です。その場合、上手にフォローする必要があります。例えば赤の口紅を塗ると暗い色やタトゥーの境目をわからなくさせることができます。事前に隠したい部分をきれいにして保湿させておいてコンシーラーを使うのです。オイルフリーの下地を使うと色の定着がよくなります。またファンデーションテープを工夫すれば、上手に隠すことができます。肌色のテープを使えばほとんど普通の肌と同じになりますし、メイクと違って時間がかからないので多くの人が利用しています。防水性が強い素材なのでプールや温泉に入っても剥がれ落ちる心配はないのです。タトゥー用のテープや傷用のテープはドラッグストアで簡単に手に入ります。

Copyright ©2016 タトゥー除去でリスクダウン~綺麗な肌に生まれ変わる~ All Rights Reserved.