タトゥー除去でリスクダウン~綺麗な肌に生まれ変わる~

身体

肌の彫り物を消す治療法

入墨

若い人にタトゥーが人気ですが、あとで後悔する人もかなりいます。タトゥー除去の方法としては美容整形でレーザー治療を受けるのが一般的です。しかし必ずしも完璧に除去することができないこともあります。日常生活で目立たなくするためには、タトゥー用のテープや傷用のファンデーションテープを貼るだけで隠せます。

Read More...

タトゥーや刺青の除去方法

女の人

タトゥーの除去方法の種類

タトゥー除去の方法は、レーザー照射、切除での除去、剥削での除去、植皮での除去などが主となります。レーザーは皮膚への負担が少なく、料金もお手頃なのが特徴です。タトゥーに直接レーザーを照射することで、色素を次第に薄くしていく方法です。痛みは殆どなく、小さく色が一色のタトゥーの場合だと、照射は2回ほど行えば確実に目立なくすることが出来ます。しかし広範囲だったり、カラフルで色が深く濃いタトゥーの場合には、レーザー照射が5回以上は必要となり、半年以上は通院しないといけません。次に「切除」と呼ばれるタトゥー除去方法が、タトゥー部分の皮膚を全て切り取り、周りの皮膚を縫い合わせる方法です。切除は完全にタトゥーを除去できる確実な方法であり、施術の時間も短時間で済むのが特徴です。ただし術後の消毒の仕方など、適切なアフターケアが重要で仕上がりを左右します。

広範囲のタトゥーの除去

タトゥー除去の方法の「剥削」とは皮膚内のタトゥー色素部分のみを取り除く方法で、「削皮」とも呼ぶこともあります。レーザーや電気メスを使って、タトゥー色素が存在する皮膚のみを削り取ります。施術は短時間で済み、背中などの広範囲のタトゥー除去の際にも皮膚移植の必要がないのが、最大の特徴です。しかし剥削は医師にかなり高度な技術が必要とされ、施術後はケロイドになりやすいのがデメリットと言えます。切除同様に術後の適切なケアが重要な除去方法とされています。最後に、広範囲のタトゥー除去を行いたい場合には「植皮」という方法もあります。タトゥー部分の皮膚を取り除き、自身の他の部分を皮膚を移植する方法です。ケロイド体質で広範囲のタトゥーを除去したい人に選択される除去方法です。短時間で確実にタトゥー除去が可能ですが、他の除去方法より割高な方法とされています。

女性に特有の除去理由

スタイル

タトゥー除去は美容整形クリニックで行われていますが、最近は女性の患者が多くなっています。女性の場合は、ウェディングドレスを着る時にタトゥーが見えてしまうなどの理由で除去を希望するケースが多いのです。治療法にはレーザー治療と皮膚切除の手術があります。

Read More...

様々な皮膚治療

刺青

タトゥー除去は、ケースに応じて方法が選択されます。レーザー治療や皮膚の切除、移植術が行われるのが一般的です。タトゥー除去は生活の変化を後押しする施術であり、様々なメリットが得られるとして人気を得ています。

Read More...

Copyright ©2016 タトゥー除去でリスクダウン~綺麗な肌に生まれ変わる~ All Rights Reserved.